年金のお話
 

いよいよ61歳から年金受給開始 〜昭和28年4月2日〜30年4月1日生・男性

  今まで60歳から支給されていた報酬比例部分が、いよいよ今年度61歳からの支給となります。

 それに伴い平成25年4月1日から、60歳定年後も、原則希望者全員を65歳まで雇用することが義務化されます。とは言いつつ、全ての人が働き続ける(続けられる)訳ではありません。

 年金相談の内容も、これまで以上に複雑になります。職場の先輩たちから引き継いだ情報が、役に立たず戸惑うことが起きそうです。予想される主な質問と変化は次の通りです。

  1. 61歳前に老齢厚生年金を繰上げ請求(老齢基礎年金もあわせて繰上げが条件)する人が増えそう。
  2. 61歳以降に老齢基礎年金を繰上げ請求する人が増えそう。
     1・2に伴い、新しい繰上げのしくみの質問も増えそう。
  3. 今後、報酬比例部分の支給開始が61歳〜64歳になるので、65歳まで働く人が増えそう。
    3.2に伴い、退職時で異なる雇用保険の失業給付のお得な受け取り方の質問も増えそう。
  4. 60歳で退職後、継続して働いた場合の在職老齢年金(直近1年以内の賞与の有無と報酬の低下)のしくみの質問も増えそう。

日本年金機構HPより

 ただでさえ複雑な年金のしくみ。そのとき慌てないために、日頃から、自分の年金に興味を持って少しずつ内容を知っておきたいものです。


 *右の図をクリックすると、大きな画面が表示されます。参考までにご覧下さい。




受給者の生年月日で異なる、遺族厚生年金額  

 公的年金は、原則、条件が同じなら年齢が高い人ほど年金額が多くなります。いわゆる世代間格差と言う訳です。平均的な会社員の夫が亡くなった時、妻が受給する遺族厚生年金の例で見てみましょう。

夫・厚生年金40年加入(報酬比例部分120万円・75歳で死亡)
妻の
生年月日
経過的
寡婦加算
遺族
厚生年金
振替加算 妻・国民
年金40年
年額計
(月額)
昭和15年
4月2日生
307,600円 900,000円 141,900円 786,500円 213.6万円
(17.8万)
昭和31年
4月2日生
0円 900,000円 45,300円 786,500円 173.18円
(14.43万)

※妻は3歳年下・年金額は平成24年度


 遺族厚生年金額は、報酬比例部分の4分の3です。
事例の場合の遺族厚生年金は、120万円×4分の3で90万円と言うわけです。

 報酬比例部分は在職中の給与等で決まります。遺族厚生年金に加算される経過的寡婦加算、老齢基礎年金に加算される振替加算は、妻の生年月日で決まります。

 つまり在職中の給与等が高い夫が亡くなり、生年月日が古い妻ほど、遺族厚生年金等が多くなるしくみです。

 夫亡き後の妻の年金額は、これからの人は、会社員の妻も、あまり期待できないことを知っておきましょう。

2013.1.1






Copyright 2005-2013 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆