年金のお話
 

年金は大丈夫?   

 最近、年金セミナーで50代の人からズバリ「公的年金は大丈夫?」という質問を受けることが多くなりました。答える私も「大丈夫」と自信を持ってお答えできないのが残念です。

 平成22年9月現在、総人口に占める65歳以上は23.1%、50年前の5.7%の約4倍。出生率が減り高齢者が増えれば、現役世代の保険料と税金で支える年金の財政は苦しくなること必死です。

 学校を卒業しても就職できない人が増え、今に夢を持てない若い世代から将来の夢も奪ってしまう時代になりました。

 本来高齢者が増えることは嬉しいことなのに、日本ではいつから高齢者の増加を喜べないようになってしまったのでしょうか。

 65歳以上の人口と割合
生まれた子の数

 

65歳以上・65歳以上/総人口

1960年

535万人 ・5.7%

2010年
2944万人 ・23.1%

ピーク時270万人

2010年107万人





相談者の質問の陰に

 相談者の最初の質問内容と本当に聞きたいことは一致しないことが多々あります。年金相談でもそれは同じです。

 例えば、女性から「65歳から受給できる老齢基礎年金を繰り上げて受給したい」と相談を受けた場合。

 繰り上げて受給する理由は、@今経済的に苦しいA家系的に寿命が短いB年金の将来が不安C友人がもらっているなどが一般的です。

 しかし、繰り上げ受給のデメリットを説明していくと、@実は今別居中、または離婚を検討中A医者から○○と宣告されたなど本当の理由がでてきます。

 繰り上げ受給のしくみだけで説明するのが一番簡単ですが、年金はその人の置かれた状況次第でデメリットの内容も違ってきます。

 だからこそ、相談者からご自分の状態を話してもらえる相談を心がけています。「相談して良かった」の相談者の一言が私の明日への力のカンフル剤。まだまだ頑張ります。

2010.11.1






Copyright 2005-2010 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆