年金のお話
 

2008年は「年金特別便」で年金加入歴の確認を!  

 社会保険庁は2007年12月17日から、公的年金の加入者・受給者全員に過去の加入歴を通知する「年金特別便」の発送を始めました。

 誰の年金か不明で宙に浮いた5000万件に該当する記録がある可能性がある人には3月末まで、それ以外は10月末までに発送される予定です。

 これまで58歳と35歳の加入者に発送されていた「年金定期便」が「年金特別便」に変わりました。年金特別便は既に年金を受給している人も含みます。納めた保険料を取り戻すには、届いた加入歴の確認を丁寧にするが一番です。無関心が一番のソンといえるでしょう。


厚生年金額の地域差!

 一口に厚生年金額の平均はいくらといいますが、地域で金額はかなり違います。 平成18年3月末現在の厚生年金額の全国平均月額は16万7,172円。金額が多い順に、神奈川、東京、千葉、少ない順に宮崎、徳島、山形となっています。

 地方の年金相談で「加入期間が35年でこんなに少ないの?」と、驚くことが多々あります。さらに、女性は平均より少ないのが一般的です。宮崎県知事が、野球のキャンプ誘致やアンテナショップ等の広報に力を入れているのも納得です。

老齢厚生年金額の平均月額
1
2
3
ベスト3
神奈川
191,319
東京
183,881
千葉
183,660
ワースト3
宮崎
140,717
徳島
141,865
山形
143,230


2008.1.1






Copyright 2005-2008 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆