年金のお話
 

年金額を増やす〜珈琲一杯分で  

 国民年金は20歳から60歳になるまで40年加入して、79万2,100円(月66,008円)を65歳から受給できます。

  年金額が少し不安だけど、これ以上負担は増やしたくない人には「付加年金」がお勧めです。保険料は400円(月)、年金額は200円(月)、何ヶ月加入しても2年で支払った保険料を取り戻せる年金です。仮に10年付加年金に加入したとしましょう。

  保険料=400円×120月=4万8,000円  
  年金額=200円×120月=2万4,000円 

 国民年金と合わせると81万6,100円。たった珈琲一杯分と無理せず増やせるのが嬉しい年金です。

 

同世代の年金格差〜妻の年金

 マスコミでは専ら「世代間の年金格差」が話題です。少子高齢化による人口構成のひずみから、高齢者と若者の負担(保険料)と給付(年金)の公平さをどうするかです。

 しかし、相談の現場で感じるのは、同世代の年金格差、特に妻の年金格差です。自身で国民年金の保険料を支払う期間が3年しかない会社員の妻の年金額が約57万円、25年支払う自営業者の妻の年金額が約50万円。自営業者の妻のため息が聞こえてきそうです。

妻の年金加入歴と年金額
 結婚25歳     S61.4             60歳
会社員の妻 第3号(22年)+第1号(3年) 57万円(加算含)
自営業者の妻 第1号(25年) 50万円
 3歳年上の夫は60歳で退職予定(厚生年金37年加入)。
 妻は共に、他に年金加入はなし。第3号は自身では保険料は支払わない。


2007.9.1

 






Copyright 2005-2007 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆