年金のお話
 

「私の年金」の重み!

 依然として「消えた年金」がマスコミを賑わしています。今回のことを教訓に、私たちも「自分の年金」にもっと興味を持って欲しい、が私の本音です。

 今、58歳になった翌々月に社会保険庁から「年金加入記録のお知らせ」が届いています。自分の年金の加入記録が正しいか確認してもらうためです。

 ただ、金融機関の年金相談で、時にこのお便りを確認していない人を見かけます。「そう言えば何か届いていたわねー」「年金をもらうのはまだ先だから関係ない」がその方たちの主な言い分です。

 こうした現実をみていると、国の怠慢で「消えた年金」が大半とは思いますが、自分で「消した年金」もありそうです。


それって月額ですか?

 年金額を試算したとき、相談者の質問で多いのが「それって月額ですか?」。

 厚生年金に40年加入し、それなりの給与の人なら厚生年金額は120万円前後、国民年金とあわせると約200万円です。「年金ですから、年額ですよ」と、お答えすると、皆さん、一様に「そんなに少ないのですか?」とがっかりされます。年金への期待が余程大きいのでしょう。

 でも考えてみてください。65歳からの年金収入(月)が200万円なら、現役時より多くなるのです。おかしくありませんか?

 公的年金は、あくまでも老後の生活のベースを支えるお金です。

厚生労働省モデル世帯の年金月額〜約23.3万円

老齢厚生年金

100,575円

老齢基礎年金

66,008円

老齢基礎年金

66,008円

・夫厚生年金40年・妻国民年金40年  2007年度



2007.8.1

 






Copyright 2005-2007 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆