年金のお話
 

2019(平成31)年度の年金額 〜2018 年度より0.1%のプラス改定

 2019 年度の年金額が2018 年度より0.1%プラスと公表されました(2019 年1月18日・厚生労働省)。年金は賃金変動率(以下賃金)と物価変動率(物価)で決定します。

 2019 年度の年金額の改定は、物価1.0%が賃金0.6%より高いため、賃金の0.6%を用います。さらにマクロ経済スライドによる2019 年度のスライド調整率▲0.2%と2018 年度未調整分▲0.3%を考慮した改定率は0.1%になります。

 スライド調整率は、現役世代の減少と平均寿命の伸びにより年金財政厳しさを増すことが予想されるため、将来の年金水準を維持するためのしくみです。つまり、調整率により年金額は本来の年金額より低額になると言うわけです。

新規裁定者の年金額の推移        厚生労働省
  2018(平成30)年度
(月額)
2019(平成31)年度
(月額)
国民年金 
 老齢基礎年金(満額)1人分
64,941 円 65,008 円 (+67 円)
厚生年金
※夫婦2人分の老齢基礎年金
 を含む標準的な年金額
221,277 円 221,504 円 (+227 円)

※ 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8 万円)で40 年就労し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準。


    国民年金の保険料       
  2019(平成31)年度
(月額)
2020(平成32)年度
(月額)
保険料(前年度との比較) 16,410 円(+70 円) 16,540 円(+130 円)


 最近は、魚や野菜・果物などの食品がジワジワと高くなっており、日々の暮らしのやりくりは年齢を問わず大変と言うのが主婦である私の感想。また、賃金が上がったと言われても、年金暮らしの高齢者にはピントきません。

 年金のしくみは難しく、現役世代と高齢者間の認識の違いの解消には時間がかかりそうですね。


年金の有り難さ 〜長引く高齢期になって分かる


 長生きリスクの不安を口に人が増えています。友人の親たちがほとんど90歳代、自分も90歳まで生存したらお金が不足すると心配する人もいます。本来なら喜ぶべき長寿を心から歓迎できない時代になりました。

 そんなとき役にたつのが、生存していれば生涯受け取れる公的年金。

 仮に、寝たきりになって高齢者施設に入居していても2ヵ月に1度口座に入金されます。年金額が多ければ多いほど、高齢期の支出が抑えられ、長寿化を怖がることもありません。

 人生100年時代と言うと、高齢者も今より長く働くイメージがありますが、私はむしろ現役世代がそのメリットを知って味わって欲しいと思っています。制度が変わることを知って、若さを武器に行動できるのが現役世代の特権です。

 年金は長く働けば、その分年金額も増えます。時代に合わせて、そのうち国民年金の加入期間も変わるかも?知れません。

 働ける期間が長くなるのを利用して、保険料を地道に長く積み立て年金額を増やす効果が老後に発揮する実感を是非味わってください。

 まさに、「豊かな老後は一日にして為らず」です。

 成年後見人等として複数の高齢者を支援していますが、資産の多さはもちろんですが、年金の多寡が人生の選択脚を決めていることも実感しています。

 年の初めに、長生きだからこそ老後のために今からできることを考えるきっかけにしていただけると嬉しいです。



2019.2.1

back <<  #153





Copyright 2005-2019 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆