年金のお話
 

年金改正が続く    〜 複雑化する内容 

  「年金は難しい」と言う声をよく聞きます。確かに、年金を仕事とする私でさえ、複雑化する年金内容を如何に分かりやすく伝えるかに戸惑うことが多くなりました。

  老後生活や万が一のとき私たちを支えてくれる公的年金ですが、その内容を自分の身に置き換えて理解されている人は少数です。なぜなら、過去の内容が残りつつ改正で新しい内容が導入されるため内容が複雑になるからです。

  例えば、平成29年8月1日に施行予定の「受給資格10年に短縮」、単純に老齢基礎年金の受給資格が原則25年から10年になるだけではありません。

  例えば、今まで夫の遺族厚生年金のみ受給していた妻が、10年短縮により自分の老齢基礎年金を受給可能になった場合、老齢基礎年金分が増えます。

  10年短縮により日本に滞在して働く外国人の受給資格者も増えます。その他、合わせて外国の年金制度に加入しており、日本と社会保障制度を締結していれば、双方の期間を通算して10年を満たせば両方の年金を受給できます。但し、イギリス、韓国等は通算できません。

  受給資格期間を満たすかなりな高齢者に連絡が行きます。親族と同居していればわかりやすいけど、独居の場合手続きができない人もいそうです。

  周りの人が配慮してあげることも大切でしょう。状況により届いた書類の内容が理解できない人もいそうです。

  大切な年金制度のこと、老若男女に関わらずいつも関心・興味を持っていただけるような広報の仕方が益々求められますね。私もできる限り皆さんに平たくお話しして真に役にたつセミナー等心がけるつもりです。   

 

ライフワークは「障害年金」と言えるように

  年金相談は私の性格にあっているのか楽しい仕事です。改正が続くのが大変ではありますが、新しいことを覚えて、その知識が相談者に役にたったときの嬉しさはなんとも言えません。

  とは言いつつ、今までは年金以外の仕事の忙しさもあり専ら相談内容は老齢年金でした。ところがある縁で数年前から「障害年金」の勉強を本格的に開始しました。

  社会保険労務士に依頼がある案件は、複雑なものが多いけど、請求者や親族から「年金請求書が届きました!」の報告を受けたときの喜びは格別です。生活保障の年金受給で、本人の新しい生活の目標ができ、ここからスタートです。

  年金請求が認められず、結果を不服として「審査請求」をしたときは、3ヶ月後くらいに届く結果を待つ間はとても不安です。だからこそ、請求が認められたときは体中が喜びを素直に反応します。

  つれあいはそろそろ仕事を辞めたらと言い、子どもは続けることを勧めます。そんな訳で、若い意見を尊重して続けることにしました。人に喜んでもらえるこの仕事に巡り会えたことに感謝です。

  最近、リタイアメントプランニングのセミナーでも、元気にイキイキ暮らすためのセミナーをして欲しいという要求も増えつつあります。
  長くなった人生だからこそ、自分で道を開いていく行動力も大切なのでしょう。

  いろんな場で話す機会も多いので、熟年の私の仕事に対する熱意を行動につなげ、講師自らイキイキ人生を実践して受講生に元気を伝えられるようになるのが目標です。後少し頑張ってみますね。


    希望うる限り若く  失望と共に老い朽ちる

          サミエル・ウルマン 「 青春より 」


2017.4.1





Copyright 2005-2017 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆