年金のお話
 

個人型確定拠出年金が人気?

  今、「個人型」確定拠出年金(以下個人型DC)の話題が沸騰中?です。平成29年1月から新たに企業年金(確定給付年金)のある会社員、公務員、専業主婦も参加可能になりました。
<平成29年1月から新たな加入対象者と年掛金>
企業年金のある会社員 公務員 専業主婦
14万4,000円 14万4,000円 27万6,000円

  拠出時の掛金は全額所得控除となり、原則60歳からの受給時は一時金なら退職所得控除、年金なら公的年金等控除等の税制の優遇があります。但し、収入がない専業主婦の所得控除はできません。

  DCは平成13年から始まっていますが、長年の運用環境の停滞、投資教育が十分浸透されていなかったことなどから今一つの加入状況でした。ここへきてやっと陽があたりそうな気配・・です。

  今回の目玉は公務員と専業主婦等も加入でき、現役世帯の殆どが加入対象者になったことでしょう。

  しかし、過去の失敗を繰り返さないためにも、長い人生を見据えたライフプランの発想の視点から投資の基礎を学ぶ姿勢が大切です。何のために(目的)、何歳まで(ゴール)投資をする効果(税の優遇)を受けながら、コツコツと積み立ての効果を期待して。

  併せて、DC以外の預貯金等も増やしていきましょう。お金と知識にゆとりできればDCの運用先にも心配りができそうです。

 

老後の質は年金の有無・多寡で決まる    〜投資が身を助けることも   

  資産にゆとりがあるなら、投資商品の購入もいいなと最近感じる例に出会えました。A子さんは90代、預貯金と若い頃購入した株式・投資信託をかなり持っています。

  A子さんの年金月12万円、介護付有料老人ホームの支払い月26万円、結果差額月14万円の赤字ですが、この数年の総資産の目減りは実際の支出より少ないのです。

  からくりは、年金があるのと投資商品の総資産に占める割合が多く、かつパフォーマンスのよい商品を持っているからです。

  B子さんは、無年金、グループホーム等の支払い月21万円が赤字として年々増えています。預貯金はそれなり有りましたが、このままいけば後2年持ちません。

  仮に要介護度が重度になり、特別養護老人ホームに入所できても、せっかく入居しているグループホームを離れ新しいところに移る不安もあります。

  年金の有無、多寡は確実に高齢期の暮らしを左右します。やりくりして少ないお金で暮らせるのは、体力があり判断能力があるうちと理解しておいた方がいいでしょう。

  たかが年金、されど年金、国民年金しかない私ですが、それでも改めてその重みを実感しています。


2016.12.1






Copyright 2005-2017 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆