終の住まい
 

老人保健施設入所費  〜利用者負担段階が変わる(平成28年8月〜)

  介護保険3施設である特別養護老人ホームや老人保健施設は費用が安いのが特徴です。しかし、施設不足などから、高齢者も収入や資産に見合った(応能)負担に変わりました。

  1例として、自分の年金額は少ないけど夫の遺族年金額が多い妻の負担が増えます。

  平成28年8月から、利用者負担段階は遺族年金及び障害年金等の非課税年金額も含めて判定されるからです。

  <老人保健施設(多床室)に入所のA子さんの場合>
A子さんが受給している年金額(年)は、老齢基礎年金50万円と遺族厚生年金160万円の計210万円。

利用者負担段階 食事の負担
限額・日
居住費等の
負担限度額
 
第1・生活保非保護者、住民税非課税世帯の老齢福祉年金受給者等 300円 多床室 0円
第2・世帯全員住民税非課税、
年金収入等が80万円以下
390円
~H28.7
多床室 370円
第3・世帯全員住民税非課税、
年金収入等が80万円超
650円
H28.8~
多床室 370円
第4・上記以外 食費と居住費等は
施設等と契約

年金収入等は、合計所得金額と課税・(非課税分もプラス)年金収入の計

  A子さんは、第2段階から第3段階になり、食事代が390円から650円(日)と月で7,800円増です。資産が殆どなく年金だけが頼りのA子さんには痛手の支出です。 

      

病院・高齢者施設等訪問 ~ランチ時の訪問者 

  仕事柄、とくに問題がないときは一人に付き毎月1回介護付有料老人ホームを訪問しています。施設も各々特徴があります。

  ちなみに費用で分けた施設レベルにほとんど差異はありません。今回はランチ時のお話しです。

  A施設は、いつ伺っても必ず誰かの家族が面会に来ています。中でも、妻を介助する80歳位の夫にはときどき、母を介助する60歳位の娘さんには毎回お会いします。

  B施設は、家族などの面会者にほとんどお会いしません。黙々と皆さんお食事をしています。

  こんな風に、ときどき食事の内容と、支援者の食の進み具合など確認も兼ねお昼時訪問しています。

  ときには虫の居所が悪く大声を出して怒られることもありますが、そんなときでも帰るときは、さり気なく「ありがとうね!」「また来てね!」の一言で癒やされます。

  C病院では、かなり重い症状の患者の4人部屋です。点滴のみで終末医療の対応ですが、ベッド脇でひたすら本人の顔をみて過ごします。他の患者の親族にお会いしたことはありません。

  私一人しか訪問者がいない人が殆ど、判断能力がなくても、意識がなくても、待っていてくれるのが伝わってきます。


2016.9.1

 


back <<  #68 >> next




Copyright 2005-2016 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆