終の住まい
 

高齢者施設選びも、日当たりが大事

  過去、数えきれないほど自宅購入のための不動産見学をしましたが、限られたお金の中で私が最優先したのが@日当たりとA交通の便です。

 現在、重ねている高齢者施設見学も、日当たりのチェックは欠かしません。年に1度見る花火などより、毎日の暮らしの中で感じる光と、見る景色が大切と思っているからです。

 極端に言えば、電気をつけないと暗い部屋で毎朝目覚めるのと、カーテンから漏れる自然の光の中で目覚めるのでは、心の喜び度が違います。それが例え認知症の人でも。

 本当は、建物は風の流れる方向も大切です。しかし、介護付高齢者施設のほとんどは、安全性も考慮して個室の窓はあきません。だからこそ、日当たりが重要になってきます。

つつじ 高齢者施設選びは、ごく普通の経験と勘が意外と役に立ちます。だからこそ、できる限り多くの施設見学をして、納得して決めることをお勧めします。



高齢者施設の体験入居

  高齢者施設入居を決める前に体験入居をすることは常識です。では体験入居の時間は、1泊の場合、一般的に何時から何時か調べてみました。

 旅館などの宿泊同様、2時〜3時ころ以降チェックイン、翌朝10時ころチェックアウトとのことです。1泊2食付で6,000円〜15,000円と費用も様々。

 初回のみ2泊3日(6食介護付10,500円)で体験入居できるところもあります。入居率、改築などでキャンペーン実施中などで安い例もあります。

 誰もが体験宿泊できる訳でなく、年齢制限があるのが一般的です。ただ、体験入居して適不適を感じることができるのは判断能力があるときです。

 参考までに、ある施設を見学したときの施設長さんの言葉を贈ります。「最初に施設に足を踏み入れたときの空気・雰囲気を大切にしてください」と・・・。


2011.5.1

 


back <<  #4  >> next




Copyright 2005-2011 cyottoiwasete.jp. All rights reserved.

◆掲載している文章・写真等、すべてのコンテンツの無断使用を禁じます。◆